Upcoming Webinars

日本国内向け ウェビナー ArcCHECKSRS MapCHECKのご使用経験」

下記スケジュールにて,弊社国内向けのウェビナーを開催します.今回はお客様によるArcCHECK,およびSRS MapCHECKのご使用経験についてご講演いただきます.すでに両デバイスをご使用のみなさま,またご興味お持ちのみなさまも是非ご参加ください.

ArcCHECKSRS MapCHECKを使用したVMATHyperArcのコミッショニング

東海大学医学部医学科専門診療学系

松元 佳嗣先生


2024年5月29日 水曜
18:00 ~ 19:00 (日本時間)

 

  当院では、2022年のリニアック更新の際、ArcCHECK、SRS MapCHECKを導入した。稼働中のTrueBeamSTxのVMAT検証をArcCHECKで実施した所、γ pass率 (DD/DTA, 3%/2 mm) 95%を下回るプランが確認されたため,RTPSのDLGの変更を検討した。

 さらに、昨年、複数の脳転移に対して1つのIso-centerで治療が可能なHyperArcを導入し、SRS MapCHECKを使用してコミッショニングを実施した。その結果、当院が従来から実施している単一腫瘍に対する脳定位照射で使用しているパラメータでは、良好な線量検証結果が得られない事が明らかになった。そこで、SRS MapCHECKを使用してHyperArcで使用する適切なDLGを調査し、最終的にそのDLGを用いて良好な検証結果を得る事が出来た。これらの検討の詳細を発表する。




On Demand Webinars